おでかけコンシェル

【山梨・静岡 富士五湖】富士山の大自然と生き物に触れ合える充実の一日を過ごす!

2019/02/12
自然

中央道河口湖ICといえば、すぐ近くに富士急ハイランドがあり、アミューズメント施設が充実したエリア。でも、今回はちょっと落ち着いた施設で、富士の大自然と生き物に触れ合いましょう。まずは国の天然記念物の洞窟“富岳風穴”“鳴沢氷穴”で大自然を感じてください。自然が作り上げたアドベンチャーワールドは、お子さんの好奇心を目覚めさせてくれるかも。自然に触れたら次はモフモフのフクロウやインコたちと触れ合い、そしてお花が咲き乱れる“富士花鳥園”へ。“あさぎりフードパーク”でソフトを食べて、たくさんのお土産を買って帰れます。                                   

富士山の壮大さが実感できる天然記念物“富岳風穴”“鳴沢氷穴”

河口湖インターチェンジから国道139号線河口湖バイパスを約20分、最初に現れるのが“鳴沢氷穴”。ここは今から1100年以上前の富士山の噴火によって流れ出た溶岩が、徐々に冷めて収縮する際、内部のガスが噴出した後に残った空洞。環状型なので1周でき、洞窟の様々な表情を楽しめます。内部の温度は平均で3℃。天井からしみ出た水滴が凍ってできた氷柱は圧巻。4月ごろに最も成長し、年によっては直径50cm、高さ3mの巨大なものも見られます。総延長150m、所要時間15分ほどで1周できます。写真提供/鳴沢村

河口湖インターチェンジを出て、国道139号線を本栖湖方面に向かうと20分ほどで見えてくる案内看板。これが見えたら“鳴沢氷穴”に到着。鳴沢氷穴は下に降りて行く竪穴型洞窟なので、階段ばかり。整備された階段ではなく、石を積んでつくられているので、滑りやすくなっています。ヒールなどは非常に危険、スニーカーなどに履き替えましょう。約21mの最深部は、夏場で気温差20度以上あります。写真提供/鳴沢村

氷穴から800m西にあるのが“富岳風穴”。こちらも氷穴と並び富士山麓の代表的な溶岩洞窟の一つ。総延長201m、所要時間15分ほどで周遊できます。こちらはお子さんでも歩きやすい横穴型洞窟。玄武岩の壁が音を吸収するので、内部は不思議と音が反響しません。奥に行くと天然の氷の柱があります。氷柱は冬場から春かけて出来て、秋頃まで見ることが出来ます(時期により見えない場合もあります)。昭和初期までは蚕の卵の貯蔵に使われていたという天然の冷蔵庫です。

併設される森の駅 風穴。こちらの名物はとうもろこしソフトクリームととうもろこしパフェ。また、フードコーナーでは温かい吉田のうどんを食べられます。

鳴沢氷穴
山梨県南都留郡鳴沢村8533
TEL.0555-85-2301

・入場料:大人350円/小人200円
・駐車場:無料100台
・推奨年齢:歩けないお子さんは不可
・授乳室:なし
・おむつ台:なし
・トイレ:1箇所(ウォシュレット有/洋式)
・ベビーカー不可
・お弁当の持ち込み可(店内への持ち込み不可)

富岳風穴
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖青木ヶ原2068-1
TEL.0555-85-2300

入場料:大人350円/小人200円
・駐車場:無料150台
・推奨年齢:乳幼児〜
・授乳室:なし
・おむつ台:なし
・トイレ:1箇所(ウォシュレット無/和洋式)
・ベビーカー不可
・お弁当の持ち込み可(店内への持ち込み不可)

※両洞窟セット券:大人600円/小人300円
・両洞窟の営業時間:
 8月27日〜10月15日 9:00〜17:30(最終入場17:00)
 10月16日〜11月15日 9:00〜17:00(最終入場16:30)
 11月16日〜2019年3月15日 9:00〜16:30(最終入場16:00)
(天候、洞窟内状況により、予告なく営業時間または休業する場合があります)
・臨時休業日
 富岳風穴 (仮)11月27日〜12月5日
 鳴沢氷穴 (仮)12月6日〜12月14日

ホームページ http://www.mtfuji-cave.com


可愛いフクロウの意外な姿と触れ合える“富士花鳥園”

国道139号線沿い、道の駅「朝霧高原」を左手に見て約1km。白い塀が目印になっているのが、「富士花鳥園」です。全天候型空調ハウスなので、雨が降っても、暑い日、寒い日でも安心してお出かけできます。

中に入ると1200株のベゴニア、約300品種のフクシア、オリジナルアジサイがお出迎え。そして30種類80羽を超えるフクロウ・ミミズクをはじめ、ペンギン、インコと触れ合えます。

富士花鳥園の目玉が“バードショー”。屋内ショー会場でおこなわれるフクロウのバードショーは見逃せません。普段じ〜っとしているイメージの強いフクロウのカッコ良く飛ぶ姿に思わず感動。また、スタッフの方との絶妙なやりとりにホッコリしてしまいます。

ふれあい広場にあるバードケージ。エサ(100円)を持って中に入ると、色とりどりの人懐っこいインコたちがすぐに近付いてきて、おやつをねだってきます。エサを手のひらに乗せれば、ついばんでくれますよ。

珍しいペンギンへのエサ(200円)やり体験もでき、普段は見るだけのペンギンと思いの外触れ合えます。

屋外ショー会場へ向かう途中にある“エミュー牧場”。ダチョウの次に大きい体のエミューは温厚な性格、近付いて行っても可愛くこっちを見つめてくれます。エサ(100円)を持って行けば、ゆっくり近付いてきて手から食べてくれますよ。

池にはコクチョウ、カモ、それに鯉がいて、おやつをねだってきます。エサ(100円)を持って水辺に近づけば、向こうからやってきます。コクチョウさんのくちばしは大きく、小さなお子さんにはちょっとハードルが高いかも。

花の下のレストランでは、富士宮名物富士宮焼きそば(630円)が味わえます。やっぱり富士宮に来たら焼きそばでしょう!

腹を満たしたら、お土産を探しましょう。富士花鳥園オリジナルグッズや幸せを呼ぶフクロウグッズなどここでしか買えないものばかり。フクロウのマグネットが入っている“ふくろうおみくじ(350円)”で運試しはいかがでしょう?

富士花鳥園
静岡県富士宮市根原480-1
TEL.0544-52-0880

・入園料:大人(中学生以上)1100円、小人(小学生)550円、幼児(未就学児)無料、シニア(65歳以上)880円 
・営業時間:9:00〜17:00(入園受付締切16:30・4月1日〜11月30日)
       9:00〜16:30(入園受付締切16:00・12月1日〜3月31日)
・定休日:年中無休 
・駐車場:無料(200台)
・推奨年齢:0歳〜
・授乳室:あり
・おむつ台:あり
・トイレ:1箇所(ウォシュレット有/洋式) 
・ベビーカー:貸出あり
・弁当持ち込み:可(レストラン席を使う場合はレストラン利用者が優先。ゴミの持ち帰りにご協力ください)
・ペット同伴不可(受付にてケージごとお預かり可能)

ホームページ http://kamoltd.co.jp/fuji/


富士山の恵みをたっぷり受けた地元の食の工房の集まり「あさぎりフードパーク」

道の駅“朝霧高原”のお隣に広大な敷地で展開される「あさぎりフードパーク」。雄大な富士山を眺めながら、高原を抜ける爽やかな風を感じることができます。富士山の恵みをたっぷり受けた地元の食の工房が全部で6カ所。ミルク工房、お茶工房、お菓子工房、いも工房、酒蔵、そしてブッフェレストラン。思いのままに“味の散歩”を楽しめます。各工房には製造の見学コーナーや体験教室が設けられ、1日中いても飽きません。また、様々なイベントが行われているので、楽しく過ごせます。

朝霧高原でしぼられた自家製あさぎり牛乳を使ったチーズやバター、乳製品が販売される「牛乳工房 朝霧乳業」。カフェで提供されるソフトクリームは絶品。季節販売となるが“コケモモソフトミックス(380円)”は甘酸っぱく、他にはない味わい。また懐かしい瓶入りコーヒー牛乳(185円)もあり、思わず腰に手を当てて飲みたくなります。製造工程の見学や自家製バター作りの体験(500円要予約)ができます。

懐かしい瓶入りコーヒー牛乳(185円)もあり、思わず腰に手を当てて飲みたくなります。製造工程の見学や自家製バター作りの体験(500円要予約)ができます。

富士山の湧き水を使ったこだわりの日本酒を製造販売する「酒蔵 富士正酒造」。タンクなどの施設を見学することができます。日本酒を使ったコスメ、酒粕から作る酒まんじゅう、女将が作る甘酒も人気です。

富士山麓の豊かな食材と富士山の湧き水を製品づくりに活かしながら、「名物 精神川羊羹」や大福、饅頭など、四季折々の作りたてのお菓子を販売。製造工程や機械をパネルで解説し、午前中を中心に実際に稼働する様子を見学できるほか、食の体験教室としてクッキー作り(要予約)を開催しています。

シンプルながら、こだわりの原材料に富士山湧き水を加えながら直火にかけた銅釜で丹念に練り上げた、昔ながらの食感の本練り羊羹。小豆の豊かな風味と味わいが特徴です。

地元生産農家より精米したての新鮮なもち米に富士山の伏流水をたっぷり吸わせてから、柔らかくつきあげることで生まれる滑らかで腰のあるお餅に、天然の香り高いよもぎをふんだんに合わせ、粒あんを包んでいます。富士山麓の恵みが詰まった草大福です。

あさぎりフードパーク
静岡県富士宮市根原449-1
TEL.0544-29-5101

・牛乳工房 朝霧乳業
TEL.0544-52-0333

・菓子工房 上野製菓
TEL.0544-52-2115

・酒蔵 富士正酒造
TEL.0544-52-0313


・:営業時間:工房9:00〜17:00(3月〜11月)/9:30〜16:30(12月〜2月)
        レストラン11:00〜14:30
        インフォメーション9:30〜16:30(3月〜11月)/10:00〜16:00(12月〜2月)
・定休日:不定休(各工房により異なります)、冬季は木曜日定休
・駐車場無料(100台・各工房にもあり)
・推奨年齢:0歳~
・授乳室:1箇所(インフォメーションにあり)
・おむつ台:ユーティリティトイレあり
・トイレ:5箇所(ウォシュレットあり・洋式)
・ベビーカー持ち込み:可
・お弁当持ち込み:可(工房内、レストランは不可)

※各工房の体験教室は事前の予約が必要(1週間前など)になります。詳しくは各工房へお問い合わせください。

ホームページ http://asagiri-foodpark.com/


アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:アルパイン

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.