おでかけコンシェル

【全然人がいなくても】インパクト絶大!記憶に残る「秘境駅」5選【そこに駅があるから】

2017/12/13
その他
土合駅・市場前駅・北星駅・大畑駅・驫木駅、おすすめ秘境駅特集

みなさんは「秘境駅」をご存知ですか?最近はテレビや旅行雑誌で取り上げられることもあり、鉄道会社が秘境駅を巡る臨時列車を運行するなど、鉄道ファン以外の観光客も増加しているんです。今回は、秘境駅の魅力に取り憑かれ、100駅以上訪問した筆者が厳選した忘れられない秘境駅を5つ紹介します。

ところで「秘境駅」とは?

知らない方のために軽く説明しますと、秘境駅とは、民家等がほとんどない地帯にあり、日常的な利用者数は1桁程度となっている駅の通称です。

「そんなところに何しに行くんだ」と思われるかもしれませんが、何しろ「秘境」ですので!未だかつて見たことのない景色との出会いや、非日常を体感できる魅力が詰まっているのです。

気分はまさに土中のモグラ!地上まで486段の階段を登る「土合駅」(群馬県)

直線距離にして約300m離れているという、驚きの遠さ
直線距離にして約300m離れているという、驚きの遠さ

1つ目にご紹介するのは、群馬県最北の駅、土合駅。
東京方面と新潟方面の2つのホームがあるのですが、このホーム間の距離が途方もなく離れているのがポイント。

列車から降りるとそこはトンネルの中であった
列車から降りるとそこはトンネルの中であった

特筆すべきは新潟方面のホームの所在地。新潟県と群馬県を結ぶ新清水トンネルの途中にあるため、地下70m、階数にすると約23階分の深さに存在しているんです。

一直線に伸びる階段と「日本一のモグラ駅」と書かれた案内看板
一直線に伸びる階段と「日本一のモグラ駅」と書かれた案内看板

地上改札口へ出るには合計で486段もの階段を登る必要があります。
こ、これを登るんですか?てっぺんを見上げると、上まで果てしなく遠いのですが、黙々と足を動かすこと約10分。

登りきってから後ろを振り返ると、めまいのする深さに呆然
登りきってから後ろを振り返ると、めまいのする深さに呆然

もちろん、地上から地下への道行きもまた良し
もちろん、地上から地下への道行きもまた良し

地上に出ると、立派な待受室を設けた駅舎が!いたって普通の光景のはずなのに、こんなにも感慨深い!
地下空間を抜けたあとの開放的な地上、そのギャップを感じられるのも、土合駅の魅力の一つかもしれませんね。ぜひ実際に行ってこの感動を味わってください!

再開発前に行っておくべき!東京都心から最も近い秘境駅!?「市場前駅」(東京都)

駅を降りると、行先が書かれていない案内標識が目に入ります
駅を降りると、行先が書かれていない案内標識が目に入ります

お台場を横断するモノレール、ゆりかもめ。
朝から晩まで乗客の絶えない路線ですが、未だ開場していない豊洲新市場のある市場前駅付近が、2つ目に紹介する秘境駅です。
東京都心から4km程の距離にあるとは思えない、通行人のいないシンとした景色が広がっています。

目の前には築地市場と豊洲新市場を結ぶ、未開通の環状2号線(2017年11月時点)

夜に訪問した際は、駅付近を通行する車こそあるものの、通行人は皆無。遠くにある夜景も、謎の終末感を増幅させます。

2017年7月時点で、公園の一部が開園されています
2017年7月時点で、公園の一部が開園されています

市場前駅から西へ向かって歩くと、レインボーブリッジを見渡せる穴場スポットを発見しました。その名も「豊洲ぐるり公園」。先ほどまで味わっていた終末感や秘境感は少し薄れますが、ゆっくり夜景を堪能できます。

東京オリンピックに向けた再開発が完了する前に、この秘境の雰囲気を味わってみてください。

この小屋は一体?!インパクト抜群の「北星駅」(北海道)

一見すると普通(?)の秘境駅
一見すると普通(?)の秘境駅

旭川と稚内を結ぶ日本最北の路線、JR宗谷本線。秘境駅が多く、ファンの聖地と名高い路線です。その中でも、初見のインパクトが絶大すぎて忘れられない北星駅を、3つ目の秘境駅としてご紹介します。

なんだろうこれ
なんだろうこれ

駅周辺は畑に囲まれたのどかな雰囲気。周囲に筆者以外の人影はなく、存分に秘境感を堪能していると、おや?小さな木造のホームの後ろに、倉庫のような建物を発見しました。

「毛織の☆北紡」と書かれていますが
「毛織の☆北紡」と書かれていますが

なんとこの建物、北星駅の【待合室】でした。
え、本当に?毛織物の販売所とかじゃなくて?

疑いながら中に入ると、時刻表やポスターが貼られており、これは間違いなく待合室だと確信しました。入らないと分からない待合室。なんて素晴らしい秘境感!

1日の乗降客数は脅威の「1人以下」。2017年11月時点で運行本数は1日4往復ですので、お出かけの際は事前にしっかり時間を確認してくださいね。

名刺を貼ると出世する!?「大畑駅」(熊本県)

スイッチバックについての説明は後ほど
スイッチバックについての説明は後ほど

4つ目に紹介するのは、JR肥薩線の山の険しい区間にある、大畑駅。日本唯一の、ループ線の途中にあるスイッチバック(※)を併せ持ち、鉄道ファンの間では有名な駅です。

待合室の中も名刺で埋め尽くされていました
待合室の中も名刺で埋め尽くされていました

駅を降りて目に飛び込んできたのは、なぜか壁一面に貼られた大量の名刺・名刺・名刺!いつの頃からか「名刺を貼ると出世する」と言われるようになり、訪れた人がどんどん名刺を貼っていくようになったのだとか。

観光列車「いさぶろう・しんぺい」
観光列車「いさぶろう・しんぺい」

人吉駅と吉松駅を結ぶ観光列車「いさぶろう・しんぺい」に乗車すれば、大畑駅に数分ほど停車してくれるそうで、駅構内を観光することもできます。区間内にある日本三大車窓の一つに数えられる景色も、ゆっくりと眺められますのでおすすめですよ!

※スイッチバックとは
山の急勾配を緩和するため、ジグザグに折り返せるよう敷かれた線路のこと。スイッチバックで一旦進行方向を変えてから、改めて斜面を昇り降りする。

すぐ目の前は日本海!絶景の秘境駅「驫木駅」(青森県)

駅に停車する列車は1日5往復のみ(2017年11月時点)
駅に停車する列車は1日5往復のみ(2017年11月時点)

さて、秘境駅5選のラストを飾るのは青森県の西、日本海の海岸沿いを走る五能線より、驫木駅です。「とどろき」と読みますが、轟ではなく驫木。日本海を目前に臨む立地の駅付近には、住宅が1軒しかありません。

こんなにも海が近い
こんなにも海が近い

「青春18きっぷ」のポスターにも採用されるほど、ローカル線の風情を味わえる絶景を眺めることができます。

空と海のコントラスト!
空と海のコントラスト!

他の「海に近い駅」といえば愛媛県の下灘駅も有名で、最近では人気の高さから観光客が増えているようですが、驫木駅は穴場なのか観光客は大変少ないです。
絶景と秘境感を味わうなら、驫木駅がおすすめです。

いざゆかん秘境駅!

日本全国津々浦々にある秘境駅の中でも、とりわけ記憶に残った5駅をご紹介しました。
もちろんこれ以外にも、たくさんの魅力的な秘境駅が存在しています。訪れるのは少々ハードルが高い、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。おおむね鉄道で行ける、それが秘境駅!ぜひ実際にでかけてみて、お気に入りの秘境駅を見つけてくださいね。

アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:ナビタイムジャパン

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.