おでかけコンシェル

新潟の“おいしい”を食べ歩き!地元で人気のとっておきコースをご紹介

2018/01/13
食事

新潟のグルメと言えば、おいしいお米と日本海の新鮮な海の幸! 東京から新潟までは、新幹線で約2時間と意外と近く、週末を利用したプチトリップにぴったりの場所です。

お米つやつや、絶品おにぎりで朝ごはん

JR新潟駅万代口
JR新潟駅万代口

「にぎり米(まい)」外観
「にぎり米(まい)」外観

JR新潟駅万代口を出て最初に向かったのは、駅から徒歩5分の場所にあるおにぎり専門店「にぎり米(まい)」。月~土曜日は朝8時から営業しています。

鮭三昧セット 500円(税込)
鮭三昧セット 500円(税込)

朝食の定番、おにぎりから新潟の旅をスタートさせることにしました。テレビや雑誌で紹介される人気店で、開店直後にもかかわらず、お客さんが絶えません。

「にぎり米」は、カウンター10席のみの小さなお店で、食券制。おそばやうどんとのセットや、数量限定の「うんめぇたまごかけご飯」なんていう気になるメニューもありましたが、スタンダードにおにぎりを注文することにしました。具の種類はいくらや辛子明太子など20種類もあって、どれもおいしそう! 値段は1個120円~280円とお手頃です。

一番人気の「特製こだわり鮭」と「鮭親子」、そして味噌汁がセットで500円の鮭三昧セットを注文! おにぎりは注文してから握ってくれるので、握りたてほかほか。

おにぎりに使われるお米は、胎内産で新潟県特別栽培認証米のコシヒカリ。「炊き上がったときの香りがすばらしいんですよ」と店長さん。

おにぎりの中心だけでなく、一面に具が敷き詰めてあるので、一口目から具にたどり着けます。つやつやのコシヒカリは口に含むとほろほろとほどける絶妙な握り加減。味も粘りも絶品でした。テイクアウトもできるので、お天気のいい日は公園などで食べてもいいかも♪

【お得情報】
店内に置かれているチラシのQRコードをスマホでスキャンして提示するだけで、ミニ塩むすび1個がサービスになります。

やすらぎ堤をぶらり散歩。おなかを空かして古町へ

やすらぎ堤から眺める萬代橋
やすらぎ堤から眺める萬代橋

おにぎりでお腹を満たした後は、新潟らしい景色を楽しもうということで、ぶらぶらと歩いて萬代橋近辺へ。10分も歩けば日本一長いといわれる信濃川、そしてアーチが美しい萬代橋に到着です。

新潟市内を走るバス
新潟市内を走るバス

川岸にある「やすらぎ堤」は、信濃川の両岸に整備された親水型堤防。ウォーターシャトルが発着し、夏季にはフードやスイーツを楽しめるテラス席や、BBQができるテント席などが並んで、大勢の人で賑わいます。

やすらぎ堤から見える萬代橋は、重厚な石の造りとアーチの美しさが印象的。国の重要文化財にも指定されています。

さまざまなお店が集まる古町通
さまざまなお店が集まる古町通

新潟市内では、バスでの移動が便利。近年新しくおしゃれな店が増えて話題となっているスポット、古町へ向かいます。

【アクセス情報】
新潟駅から古町へは、5番か6番の乗り場から乗車します。所要時間は14分。料金は片道210円。
萬代橋近辺からバスに乗るなら、万代シティバスセンター前のバス停を利用して10分くらいです。

古町通は昔からの古い商店と、新しい感覚のショップが融合して、独特な雰囲気を漂わせています。おしゃれなスイーツ店の向かいの小路を覗くと、そこには昭和にタイムスリップしたような景色が! お気に入りの場所を見つけては写真を撮っている人の姿が多く見られました♪

糀(こうじ)のやさしさ香る、甘酒でホッと一息

白さが映える古町糀製造所
白さが映える古町糀製造所

糀ドリンク 350円(税込)~
糀ドリンク 350円(税込)~

古町通を散策がてら歩いて行くと、シンプルな白い壁がひときわ目を引く店構えに目が止まりました。糀ドリンク(甘酒)専門店「古町糀製造所」です。

神社エール 1,080円(税込)
神社エール 1,080円(税込)

糀ドリンク(甘酒)には生姜、柚子、抹茶、きな粉、蜜柑、林檎などたくさんの種類があり、ホットとアイスから選べるメニューも。季節によってもメニューが変わるそう!

ドリンクの他にも、乳製品不使用で豆乳と糀がベースの糀ジェラート(370円~)や、乳製品を使用して甘糀を練り込んだ糀アイスもなか(410円~)があります。

この日はシンプルなプレーンの糀ドリンクをアイスで頂きました。甘酒というと、とろとろして濃厚な冬の飲み物というイメージがありましたが、思いのほかすっきりとした口当たりに驚き!糀のほのかな甘みがおかわりしたくなるおいしさ。

糀ドリンクは瓶入りでも販売しているので、お土産にも良さそう。生姜の絞り汁が入っているこのドリンクは、神社と生姜(ジンジャー)を掛けて、「神社エール」という商品名。こんな遊び心も、人気の秘密なのかも。

白山神社でお参りして、次の目的地へ

キリンの置物はこの場所の名物
キリンの置物はこの場所の名物

グルメ旅とはいえ、せっかく近くまで来たのだからと、白山神社へお参りすることに。上古町の端まで歩けば、もうそこに真っ赤な鳥居が!

白山神社
白山神社

白山公園の蓮池
白山公園の蓮池

白山神社に隣設された白山公園は、季節によって桜、藤、蓮などの花が咲き誇り、いつもお参りの人や散歩を楽しむ人で賑わっているそう。

ここでしか食べられない!新潟ならではの贅沢ランチ

新潟加島屋本店
新潟加島屋本店

古町通から東堀通を北へ20分ほど歩くと「新潟加島屋」さんに到着。今回の旅のランチスポットです。

茶屋長作 店内
茶屋長作 店内

加島屋は、さけ茶漬や一口筋子、いくら醤油漬の瓶詰めなど、おみやげや贈答品として利用される超有名店。その加島屋本店にある「茶屋 長作」というレストランは、加島屋が唯一手がける“食事”を楽しめる店舗として人気。新潟グルメ旅では外せないマストスポットなんです。

長作丼 1,620円(税込)
長作丼 1,620円(税込)

店内には広い間隔でテーブルが配置されていて、ゆったりと食事を楽しむことができます。混雑時でも落ち着いた雰囲気なのは、さすが老舗の名店ならでは。
鮭の親子丼、かに丼、いくら丼など豊富なメニューを見ながらかなり迷いましたが、この日は、「人気No.1」という言葉に惹かれて「長作丼」をお願いしました。

長作丼は、キングサーモンのほか、いくら醤油漬、生うに水たきなどがたっぷりのった贅沢などんぶり。鮭の味噌汁、小鉢、香の物がついてきます。脂がのったキングサーモン、粒が大きくツヤツヤのいくら、甘くて舌の上でとろけるうにを存分に味わえる幸せ。新潟でしか味わえない、絶品ランチにぜひ訪れてみて。

新潟の旬素材が勢ぞろい!「ピアBandai」でお土産探し

ピアBandai
ピアBandai

焼き魚をまるごとがぶり
焼き魚をまるごとがぶり

加島屋を後にしたら、萬代橋より一つ河口寄りの柳都大橋を渡ってすぐ左手にある「ピアBandai」へ。加島屋から歩いて20分ほどの距離なので、のんびり散歩して来るとちょうどいい距離。ここピアBandaiは、お食事処やカフェが集まっているほか、地元の野菜や肉などの販売もしています。鮮魚センターもあり、たくさんの観光客で賑わうスポットです。

万代島鮮魚センターの中
万代島鮮魚センターの中

香ばしい匂いが漂ってくると思ったら、炭火で焼かれるアユやサバ、赤魚が♪

一夜干しいか 1,080円(税込)
一夜干しいか 1,080円(税込)

万代島鮮魚センターへ入ると、まず目に飛び込んできたのがカニ、カニ、カニ!氷の上に紅ずわいガニがずらりと並んでいました。

広い店内では、カニのほかにもたくさんの海の幸が販売されていて、その新鮮さと安さに思わず目が吸い寄せられるほど。多くの人がここでお土産を買っていくというのもうなずけます。

新潟名産のいかの一夜干しは、この大きさで1,080円(税込)。発送も可能なので、自宅用に買って帰るのもおすすめです。

レベルの高い回転寿司に感動! 佐渡の旬の魚を堪能

佐渡廻転寿司 弁慶
佐渡廻転寿司 弁慶

Bセット 1,200円(税別)
Bセット 1,200円(税別)

晩ご飯は、ピアBandai内の「佐渡廻転寿司 弁慶」さんへ。佐渡沖でとれた新鮮なお魚が食べられると評判で、いつも行列ができている「並んででも食べたい」回転寿司として有名です。

17時に訪れたところ、20組のお客さんが待っていましたが、回転が速いのであまり気になりません。順番がきたら携帯電話で知らせてくれるシステムもあるので、お店の外で待つことができるのも嬉しいサービス。

佐渡産のどぐろ 520円(税別)
佐渡産のどぐろ 520円(税別)

店内は、中央の板場を囲むカウンター席と、テーブル席、座敷席があり、2名までの場合はカウンター席に案内されます。席につくと、目の前を見るからに新鮮なネタのお寿司が回っていて食欲が刺激されます♪ 

いろんな種類を1貫ずつ食べたいときは、Aセット(並800円)、Bセット(中1,200円)、Cセット(上1,800円)、弁慶スペシャル(特上2,400円)などのセットメニューもあるので、注文を迷ったときにもオススメです。

新潟でおいしい魚と言えば、やっぱりのどぐろ!脂ののった白身の、とろっした食感がたまりません。

新潟の夜はゲストハウスのバーでくつろいで…

古民家を再生したゲストハウス「なり nuttari NARI」
古民家を再生したゲストハウス「なり nuttari NARI」

初めて会った人同士、会話に花が咲きます
初めて会った人同士、会話に花が咲きます

晩ご飯を食べ終えた頃には、日も暮れて食べ歩きの旅も終わりに近づいてきました。最後はおいしいお酒をゆったり味わいたいということで、ピアBandaiから歩いて15分のゲストハウス「なり nuttari NARI」へ向かうことに。

沼垂地区は、古い建物を利用したおしゃれな店があちこちにある話題のスポットです。ゲストハウス「なり nuttari NARI」も、築90年以上の古民家を活かして生まれ変わらせた場所。「宿であり、社交場でもある」というコンセプトで、宿泊客でなくても利用できるバーラウンジがあるんです。

玄関の土間を上がってすぐの位置に作られたバーラウンジでは、カウンターで飲み物を注文し、その後は好きな場所でくつろぐことができます。

食べ物やお菓子など、好きなものを持ち込むことができるので、工夫次第でいろんな楽しみ方ができそう!仕事も住んでいる街もさまざまな、この日この場所で居合わせた人とひとときを共にし、語り合えるのがゲストハウスの魅力の一つ。にぎやかな居酒屋もいいけれど、古民家のしっとり落ち着いた空間で、そんな特別な時間を過ごすのもいいですね。

萬代橋のふもとにある「メディアシップ」。展望室からの眺め
萬代橋のふもとにある「メディアシップ」。展望室からの眺め

新潟は食べ物がおいしいと聞いていたとおり、どこへ行っても何を食べても、そのおいしさに感動!人が温かいので一人でも回りやすく、思いつきでふらりと訪ねてもきっと満足できるはず。

アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
コラムシリーズについて 旅行ガイド

旅行ガイド

楽しい旅をサポートする、便利なお役立ち情報をお届けします。

提供:ナビタイムジャパン

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.