おでかけコンシェル

フラワーロードにイルミネーション!秋冬の「ラグーナテンボス」でできること

2018/01/03
遊園地

愛知県蒲郡市にあるラグーナテンボスは、アトラクションやショッピング、グルメにフラワーガーデンまで、たくさんの魅力が詰まったテーマパークです。夏はナイトプール、冬にはイルミネーションを楽しむことができ、四季折々のイベントも魅力のひとつ。今回は女子におすすめ、ラグーナテンボスでこれからの季節に楽しめることを紹介します。

ラグーナテンボスへのアクセス方法は?

ラグーナテンボス入口
ラグーナテンボス入口

ラグーナテンボスまでは、JR名古屋駅より約40分。JR蒲郡駅で下車します。JR蒲郡駅からは無料のシャトルバスが出ています。(運行時間は8:00から00分と30分の1時間2本 。最終22:30 ※2017年11月現在)
シャトルバスに揺られて15分ほどでラグーナテンボスに到着。入園料は大人(中学生以上)21,50円、小学生1,200円、幼児(3歳以上)750円となっています。

☆ワンポイントアドバイス☆
1日たっぷりとラグーナテンボスで遊ぶならパスポートがおすすめ。園内の乗り物にフリーで乗車できて大人4,100円、小学生3,000円、幼児2,250円ととってもお得です。

フォトジェニックな写真が撮れる「フラワーラグーン」

フラワーラグーンの入口
フラワーラグーンの入口

フラワーフォール
フラワーフォール

まずは季節の花を体感できるエンターテイメントガーデン「フラワーラグーン」へ。入口のゲートをくぐり、右側へ歩いていくと「レインボーアーチ」という橋があります。この橋を渡るとすぐに、モニュメントが見えてきます。
フラワーラグーンは「フラワーフォール」「フラワーバレー」「フラワースカイ」「フラワーオーバル」という4つのエリアに分かれています。それぞれのゾーンで雰囲気の異なる写真を撮影することができ、女性に大人気!早速、順路に沿ってそれぞれのエリアを回ってみましょう。

フラワーバレー
フラワーバレー

フラワーラグーンの入口をくぐるとすぐに見えるのが「フラワーフォール」。壁面を流れる滝とカラフルな草花のコントラストが見どころです。まずはココで記念撮影をしましょう♪

フラワースカイ
フラワースカイ

花の上を空中散歩ができる「フラワーバレー」は、秋は「ダリア」「ケイトウ」「マム」などの大輪の花が辺り一面を埋め尽くしています。スケルトンになっている回路の上を歩くことができるところも魅力のひとつ。花の香りに包まれながら、のんびりとお散歩を楽しむことができます。

足元がスケルトンになっている
足元がスケルトンになっている

次に見えて来るのが「フラワースカイ」。コバルトブルーの湖に浮かび上がる花の丘が神秘的なエリアです。

フラワーアーチ
フラワーアーチ

夜になると水中に埋め込まれたライトが湖を照らし、リゾート気分が味わる人気のエリアでもあります。

ラグーナの森外観
ラグーナの森外観

実は、このエリアにはもう1つ見所が。べコニアやニチニチソウを中心としたカラフルな「フラワーアーチ」はぜひ、記念撮影をしたいフォトジェニックなポイント。フラワーアーチをくぐりながら、ぜひ写真に納めてみてくださいね。

ラグーナの森店内
ラグーナの森店内

フラワーラグーンを散策していると、お腹がすく時間に。ぜひ立ち寄りたいのがフラワースカイを眺めながらスイーツやランチが味わえる「ラグーナの森」です。お箸で食べることができるフレンチをテーマとし季節の食材をふんだんに使用したランチ限定のコースメニューは、女性に人気とのこと。

Cセットオードブル盛り合わせ・メイン料理・パンorライス 1,730円(税込)※ランチ内容は季節により変動あり
Cセットオードブル盛り合わせ・メイン料理・パンorライス 1,730円(税込)※ランチ内容は季節により変動あり

冬限定のストウブ鍋がメイン料理になっているCコースは、体がポカポカ温まる絶品メニュー。特に「栗のスープ 鶏もも肉とキノコのロースト彩り野菜添え」は、栗の甘みが素材のおいしさを引き立たせており、何度でも食べたくなる味わいでした。

フラワーオーバル
フラワーオーバル

最後のエリアは「フラワーオーバル」。「フォーチュンベゴニア」で描かれたアートが360°壁一面を彩ります。中央に配置されたプールに反射する花々がとても美しく、いつまでも眺めていたくなりました。

アトラクションゾーン「VRアドベンチャー」で大興奮!

アトラクションゾーン
アトラクションゾーン

ヘッドマウントディスプレイを装着
ヘッドマウントディスプレイを装着

フラワーラグーンでリゾート気分を堪能した後には、最新のアトラクションにチャレンジ!ラグーナテンボスのアトラクションゾーンには、子供から大人まで楽しむことができる22のアトラクションがあります。その中でも注目を集めているのが2016年7月からスタートした「VRアドベンチャー」。

「VRアドベンチャー」は次世代のアトラクションと言われておりジェットコースターに乗るときに、ヘッドマウントディスプレイを装着するところが特徴。ただジェットコースターに乗るだけでなく、聴覚や視覚を使うことで、今までのジェットコースターとは異なるスリルを味わうことができますよ!
VRアドベンチャーの第1弾テーマは「未来都市~High up in the Sky」。22世紀のとある未来都市をテスト飛行する小型遊覧機に乗り、さまざまなアクシデントを乗り越えていくスリリングな体験ができます。

夜までしっかり楽しめる!イルミネーションも見どころ

青の宮殿
青の宮殿

ラグーナテンボスは昼間はもちろんのこと、夜まで満喫することができるテーマパークです。特に、11月から3月末までは「史上最光の冬ラグーナ」として、テーマパーク内が美しい光に包まれます。
100万球の電飾を使用した「幸運のレインボーアーチ」や丘一面にランタンを引き詰めた「光の草原」は、他では見ることができない神秘的な光景です。

変なホテル外観
変なホテル外観

2017年より新登場となったのが「青の宮殿」。光をまとった壮大な宮殿が水面に反射して、ロマンチックなムードを作り出します。青の宮殿の中に入ることもできるので、美しいイルミネーションを思いっきり堪能することができますよ。
この他にも、360°プロジェクションマッピングやウォーターマッピングショーなども見られるとのこと。大切な人と見るのにふさわしい、特別なひと時を堪能してみてくださいね。

変なホテルロビー
変なホテルロビー

イルミネーションを堪能した後はラグーナテンボスに宿泊をしていきたい!という人には、2017年8月にオープンしたばかりの「変なホテル」がおすすめ。ラグナシア内から入館することができるので、移動も少なくて楽々!

ホテル室内
ホテル室内

ロビーでは見上げるほど大きな恐竜がお出迎えしてくれます!また、受付のコンシェルジュも恐竜!他のホテルでは味えないユニークさが随所にちりばめられています。

ホテルの部屋はグレードに合わせて選択可能(スタンダードツイン 10,000円~・デラックスツイン 40,000円~・ドッグルーム55,800円~)。1日たっぷり遊んだ疲れをゆっくりと癒しましょう。翌日は、「フェスティバルマーケット」でショッピングを楽しんだり「タルゴ ラグーナ」でタラソテラピーを堪能したりするのもいいですよね。

海をテーマとした複合リゾート施設「ラグーナテンボス」。秋の花のガーデンや新感覚のアトラクション、イルミネーションまで、普段なかなか味わうことができない非日常的な空間を思いっきり楽しむことができます。恋人同士や友達同士でゆっくりと楽しめる、おすすめのテーマパークです。

アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:ナビタイムジャパン

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.