おでかけコンシェル

【絶景レポ】佐賀バルーンフェスタを360゜体感!~緊張のランディング編~

2018/01/29
その他

佐賀の秋空を彩るビッグイベント「インターナショナルバルーンフェスタ」。大会期間中「競技飛行」の搭乗体験をした筆者が、初フライトで体感した空中散歩からスリリングなランディング、地上イベントまでを徹底レポート!興奮の中で感じた佐賀とバルーンの強い絆に感動・・・♡

フライト準備、テイクオフ、感動の絶景・・・そして!

2017年11月に行われた「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」で、“プレス搭乗”を体験をした筆者が、なかなか見ることのできない競技飛行の舞台裏をご紹介!昨日配信した【絶景レポ】佐賀バルーンフェスタを360゜体感!~朝焼けテイクオフ編~
に続き、本日は緊張のランディングの瞬間をお伝えする後編をお届けします。

朝焼けの中無事にテイクオフし、佐賀平野と気球が織りなす感動の絶景を目の当たりにした筆者。上から下から真横から、360゜気球に囲まれた空中散歩をのんびり楽しむ中、そろそろ制限時間がいっぱいに。ポジティブパイロット黒仁田さんと風の攻防戦!果たして無事に地上に降り立つことができるのか・・・?!

衝撃のゆるふわランディング・・・♡

突然ですが、みなさんはバルーンが降り立つところを見たことはありますか?筆者はこの時まで見たことがなく、一体どうやって着陸するのか不思議に思っていました。
前編でバルーンはチームスポーツであると紹介しましたが、バルーンに搭乗しているとそのことがよくわかります。パイロットはチームと無線で常に状況を報告し、指示を出し合ってるんです。というのも、チームは地上で車を走らせバルーンを常に追跡し着陸地点で合流するから。離陸から着陸まで一体感があります!

チームの車が追いかけてきてくれてるー
チームの車が追いかけてきてくれてるー

ゴール設定されていた市街地先への飛行は、風の状況と制限時間の中では難しいと判断した黒仁田さん。(こういうとこがシビアなのね)風が弱くバルーンがなかなか進まない状況の中でも、バーナーを巧みに操りながらランディング地点を見極めていきます。勝負といえど安全が第一。黒仁田さんの冷静な判断力が冴えわたります!

なんにもできないので、ただただ背中を見守る・・・(笑) 
なんにもできないので、ただただ背中を見守る・・・(笑) 

気づけば高度が下がり、地上がかなり近くなってきた!民家があんなに近くに!民家の庭を避けたり、チェイスカーが入りやすい道を探したり、何度かぐ~っと下がりまた浮かんで、という調整を繰り返していきます。

そしていよいよランディングの瞬間!みるみる田んぼが近づきます。・・・ドキドキする~!

ある程度ドスンという衝撃を予想していて構えてたのですが、、、、ん?

まさかの衝撃ゼロ。

「え?ついたの・・・?!」というほどの、超絶安全なソフトランディング。刈ったあとの田んぼがふかふかのクッションがわりに。ひとまずホッ・・・お見事です。

スマートすぎる回収作業も見ドコロ!

余韻に浸る間もなく、チェイスカーのメンバーが続々到着。「はい、降りてくださーい」という声にハッとなりバスケットから出ると、そこからはもう早回ししたような素早さ!バルーンを田んぼから畦道に移動させ、一気に回収作業に入ります。

しぼんだ球皮をたたんで、くるくる丸めて袋にイン!メイン会場がゴール地点となる競技種目の場合は、こういった作業を間近で見れる可能性もあります。バルーンフェスタの醍醐味ともいえますね。

作業はテキパキ!!
作業はテキパキ!!

今回はやむを得ず着陸したのが私有地のため、家主さまへの謝罪の意を込めてご挨拶。この時は、小さなお孫さんをもつおじいさまのお宅で、「今日孫がおったら喜んだわ~」と、快く突然の訪問を受け入れてくださいました。住民の方の協力もあってこそのバルーンフェスタなんだなぁと、改めて佐賀市民とバルーンのつながりを感じたのでした。

バスケットごとバンに積み込んで終了!
バスケットごとバンに積み込んで終了!

最後にパイロットの黒仁田さんから、搭乗証明書とオリジナルの記念品を頂きました。地上から見る絶景、競技飛行の舞台裏、準備から回収作業までを間近で見ることができた今回の体験は、終始興奮してアドレナリン出しまくっていた気がします。

気球ばんそうこう、、、レアでカワイイ♡
気球ばんそうこう、、、レアでカワイイ♡

チェイスカーの前で爽快感に満ちた笑顔を向けてくださった黒仁田さん。安全なフライト、素敵なひとときをありがとうございました!

キッズ大興奮のメルヘンワールド「バルーンファンタジア」

チェイスカーに乗せて頂き舞い戻ったローンチサイト(競技エリア)は、世界からやってきたキャラクターバルーンが並ぶ「バルーンファンタジア」が絶賛開催中。バルーンランドと化した河川敷はぎにやかな歓声に包まれ、そこにいるだけで幸福度が上昇する感じ。表情豊かなバルーンが青空にぷっかり浮かんだ光景は、ほのぼのした気持ちにしてくれます。一種のセラピーかと思いました(笑)。

ゆる~いバルーンワールドに癒されます。。。
ゆる~いバルーンワールドに癒されます。。。

毎年参加している常連パンダ
毎年参加している常連パンダ

スターウォーズイヤーならではの新顔が登場!
スターウォーズイヤーならではの新顔が登場!

また、この日は「キッズデー」とあって親子連れや保育園の団体で大賑わい!バルーンを触ったり、横倒しになった球皮の中に入ったりと大きなバルーンを目の当たりに大興奮のキッズたち。こりゃ楽しいはずだ!

県内外から約6000人以上の子どもたちが訪れたそう!
県内外から約6000人以上の子どもたちが訪れたそう!

会場内には、全国各地のB級グルメ屋台や佐賀の地酒や海苔など特産品を販売する「ふるさと物産館」、佐賀のご当地グルメをその場で食べられるフードコート、佐賀牛をその場で焼いて味わえる「焼肉コーナー」などなど、グルメもショッピングも目移りしてしまうほどに大充実のラインナップ。バルーン鑑賞後もゆったりと過ごすことができますよ♪

【ここ佐賀だけ!】音と光の競演「ラ・モンゴルフィエノクチューン」

毎年大会期間中の2日間に開催される夜間イベント「ラ・モンゴルフェエ・ノクチューン」は必見の美しさ!バンドの生演奏が流れる中、「バーナーズオーン!」の掛け声に合わせてバルーニストたちが一斉に炎を灯すと、暗闇にあたたかな光を放ちなんとも幻想的な光景に。昼間では味わえないバルーンの夜の顔に魅了されます♡
全世界であるバルーンイベントの中でも、こういった音楽とのコラボレーションイベントはここ佐賀だけ!訪れる際は、事前に開催日をチェックしておきましょう。

佐賀NEWスポット「バルーンミュージアム」も登場!

佐賀市内には日本初の「バルーンミュージアム」があり、観光スポットとしても人気を集めています。館内にはバルーンの操縦シミュレーターもあり、競技飛行をパイロット気分で体験することができます。バルーンフェスティバルの前でも後でも楽しめるので、ぜひ観光プランにプラスしてみてくださいね♪

日本気球連盟が公表している2018年の佐賀インターナショナルバルーンフェスタの開催は、 2018年10月31日~11月4日の予定。まだ見たことのない方は、この機会にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
コラムシリーズについて 旅行ガイド

旅行ガイド

楽しい旅をサポートする、便利なお役立ち情報をお届けします。

提供:ナビタイムジャパン

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.