おでかけコンシェル

【滋賀】360度の絶景パノラマに感動! 「びわ湖バレイ」で過ごす非日常の日帰り旅

2017/10/14
その他

日本三百名山にも選ばれ、多くの登山客に親しまれている滋賀県の山「蓬莱山」とそれに連なる「打見山」。冬はスキー場、夏は避暑地への観光客など、年間通してたくさんの人が訪れます。山頂にはリゾート施設「びわ湖バレイ」があり、360度の絶景ビューが楽しめるフォトジェニックなスポットです♪ 2016年夏には、日本最大の湖・琵琶湖全体が見渡せる「びわ湖テラス」が新たにびわ湖バレイ内にでき上がり、さらにパワーアップ! そして今年は新エリアとしてパノラマ展望エリア「CAFE360(カフェサンロクマル)」も加わりました。マイナスイオンたっぷりの山の上で、心身ともにリフレッシュできること間違いなし! 早速、非日常を味わうプチ・トリップへと出発です♪

電車とバスを乗り継いで、ロープウェイ乗り場へ!

京都駅から約40分、右手に琵琶湖、左手に比叡山や比良山地を見ながら、びわ湖バレイの最寄駅・JR湖西線「志賀駅」に向かいます。

志賀駅から「びわ湖バレイロープウェイ山麓駅」までは路線バスが運行しています。運賃は大人片道330円。本数が一時間に一本程度と少ないので要注意! 観光シーズンには臨時便も出るようですが、事前にHPで確認してから向かうことをオススメします。

バス停は青い看板が目印!
バス停は青い看板が目印!

高速ロープウェイで一気に天空の世界へ♪

志賀駅からバスに乗って10分ほどで、「ロープウェイ山麓駅」に到着です。ここでもすでに標高300メートルを超えているため、ひんやりと涼しいです。

びわ湖バレイ行き「ロープウェイ山麓駅」
びわ湖バレイ行き「ロープウェイ山麓駅」

ロープウェイの全長は1,783メートル。標高310メートルの山麓駅から、1,087メートルの山頂駅まで、約5分で運んでくれます。最高速度は秒速12メートル、高速が自慢のロープウェイです!  ロープウェイの往復チケットを購入して、いざ山頂へ(往復チケット/大人:2,200円、小学生:900円、幼児:500円)♪

定員は121名。全面ガラス張りなので見晴らしも抜群♪
定員は121名。全面ガラス張りなので見晴らしも抜群♪

乗り場で待っていると全面ガラス張りの大きなロープウェイが到着! ドキドキしながら乗り込み、山麓駅側の席に張り付きました。出発するとぐんぐん高度上げていきます。そして思っていたよりも……速い! 「もうちょっと景色を見ていたいよ〜」と思うほどの速さであっという間に「山頂駅」に到着しました。

すれ違うロープウェイもあっという間に離れていきます
すれ違うロープウェイもあっという間に離れていきます

標高が100メートル上がるにつれ、気温は0.6度下がります。地上が暖かくても、山頂は結構寒いので、秋の行楽には防寒対策も必要ですね。

まさに「絶景」! びわ湖テラスから見下ろす景観に感動

琵琶湖を一望できる絶景テラス♪
琵琶湖を一望できる絶景テラス♪

山頂駅のロープウェイを降りればお目当ての「びわ湖テラス」がすぐそばに! 琵琶湖に向かう斜面に作られた第1から第3までのテラスや、テラスカフェ、テイクアウト専用CAFE STANDなどから、琵琶湖を一望できる大迫力のパノラマビューに思わず感動のため息が……! まるで空の中に浮いているかのような錯覚を覚えます。

また、第3テラスよりもさらに下に「恋人たちの聖地」もできていて、ここからの眺めもロマンチック♪ たくさんのカップルで賑わっていました。琵琶湖の有人島・沖島も見られるほか、晴れていて空気が澄んでいれば、近江富士「三上山」やアベノハルカスが見える事も!

びわ湖テラスから琵琶湖を眺める人たち
びわ湖テラスから琵琶湖を眺める人たち

びわ湖テラスカフェ
【営業時間】 平日9:40~16:00(ラストオーダー15:30)、土日祝9:10~16:00(15:30)

びわ湖テラスCAFE STAND
【営業時間】 平日11:00~16:00(ラストオーダー16:00)、土日祝 10:309:10~16:00(ラストオーダー16:00)

蓬莱山側へ、さらに15分間のリフトの旅

「びわ湖テラス」がある打見山から蓬莱山の山頂へはリフトで移動することができます。蓬莱山山頂には今年の8月にオープンしたばかりの「CAFE360(カフェサンロクマル)」があるということで、早速リフトに乗って移動します♪
(※リフトおよびCAFE360は、土日のみ営業。2017年は10/29までの営業となります)

打見山側から見た蓬莱山山頂付近
打見山側から見た蓬莱山山頂付近

CAFE360の方が標高も高いため、びわ湖テラスよりも極上の眺めが堪能できるとか。これは行かないわけにいきません!蓬莱山山頂まではなだらかな斜面を歩いて移動できます。徒歩だと約40分、打見リフトとホーライリフトを使えば約15分なので、気分によって選んでみるのもいいかも♪ 私はのんびり空中散歩を楽しみたかったので、リフトをチョイス。打見山側から見る蓬莱山山頂付近には、「CAFE360」のウッドデッキやカウチ席が見えました。

まずは、標高1,103メートルの打見山山頂側から打見リフトに乗って、いったん下ります。山間の谷に着いたら、ホーライリフトに乗り換えて、今度は上に向かい、いよいよ標高1,174メートルの蓬莱山山頂を目指します。

リフトには安全バーがあるので、安心して景観を楽しみながら移動できました。打見リフトは地面からの高さもあまりなかったのですが、ホーライリフトは一転して高さを感じます。

ホーライリフト
ホーライリフト

足元に広がる芝生の草原を眺めていると、あっという間に蓬莱山山頂に到着です。

「CAFE360」のプレミアムドーナツでおやつタイム♪

リフトの終点のすぐわきに、扇形に広がる巨大なウッドデッキがあり、のびのびと足を伸ばしたり寝転がったりしながらゆったりと時間を過ごせます。すぐ足元には琵琶湖が広がっていて、これまで見たことのない開放感に、「おおっ」っと、思わず声が出ます。薄っすらとでしたが、琵琶湖大橋や、京都と滋賀の県境にまたがる比叡山も見えました。

CAFE360のウッドデッキからびわ湖を一望
CAFE360のウッドデッキからびわ湖を一望

段幅が広い階段状のウッドデッキ
段幅が広い階段状のウッドデッキ

ウッドデッキの前には、ふかふかのカウチ席もあって、寝そべりながら琵琶湖を眺めることができます。とても大きくて「席」というよりは、キングサイズのベッドのよう。家族連れでも余裕で一緒に寝転ぶことができます。

心地よくて思わずうたた寝しそうに♪
心地よくて思わずうたた寝しそうに♪

そして、小さな白いテント張りのショップ「CAFE360」では、高級ドリンクメーカーとして知られるイギリス・フェンティマンス(Fentimans)社のレモネードや、ドーナツやロールケーキを購入できます。

私はフェンティマンスの「ローズ・レモネード(500円)」をチョイス♪ 天然のレモン果汁が入っていて、さわやかな味わいと上品なバラの香りが美味しいピンク色のドリンクでした。

フェンティマンスの「ローズ・レモネード」1本500円(税込)
フェンティマンスの「ローズ・レモネード」1本500円(税込)

他にも滋賀の名産品を練りこんだという「プレミアムドーナツ(300円)」を5つ購入♪ フレーバーは栗かぼちゃ、でっち羊羹、はちみつ、土山茶、いちご。どれも素材の味が際立っていて、しっとり、ふんわりとした食感で美味しくいただきました♪

「プレミアムドーナツ」。カラフルでかわいい♪
「プレミアムドーナツ」。カラフルでかわいい♪

CAFE360ショップ
【営業】 9月10月は土日祝のみ。2017年グリーンシーズンは10/29が最終
【営業時間】 10:00~16:30

しばらく山頂付近を散策したあと、バスでJR志賀駅まで戻りました。
振り返ると、先ほどまでてっぺんにいた打見山・蓬莱山の姿が。ふもとに広がる田んぼは黄金色に輝き、トンボが飛び交い、秋の訪れを感じさせてくれました。

打見山と蓬莱山。裾野に広がるのは黄金色の田園
打見山と蓬莱山。裾野に広がるのは黄金色の田園

普段なかなか見ることのできない、山頂からの景色とのんびりくつろげるカフェスペースにリフレッシュ&リラックス♪ 友達と行っても、カップルで行っても楽しめる絶景スポットでした。

アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
コラムシリーズについて 旅行ガイド

旅行ガイド

楽しい旅をサポートする、便利なお役立ち情報をお届けします。

提供:ナビタイムジャパン

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.